SATOSHI GOGO WEBLOG

アコースティックギタリスト Satoshi Gogoのブログ

モーリス・フィンガーピッキングデイ2019関西予選のお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。   

 

先日は、モーリス・フィンガーピッキングデイ2019関西予選(という指で弾くスタイルのギターのコンテスト)にお邪魔しました。いつも山口県でのライブでお世話になっている、スイングバイの吉次さんが出場されるということで、これは応援しに行かねば!ということで、審査員でも出場者でもなく、応援に駆けつけました。

僕自身、このコンテストの2004年度の大会で予選・本戦共に優勝して演奏活動を始めたので、間違いなくこのコンテストは自分の人生における一つの大きな「キッカケ」です。これは観戦中、当時のことを思い出しちゃうなぁと思っていたら、当時のことよりも同コンテストの10周年記念として、歴代のチャンピオン達が同コンテストのゲストライブに出演する、という企画に僕は一切声がかからなかったことを思い出しました。悲しい...

 

それはそうと、この日はコンテストに行く前に、新しいアー写(宣材写真)の撮影がありました!

バチっと1分ほどで完了!

 

f:id:gogosatoshi55:20190219151456j:plain

 

...。

悪用されたら嫌なので(何に?)目線を隠しておきましたけど。

アー写じゃなくてビザ用の証明写真撮影でした。まゆと耳を出さないといけないのが恥ずかしい。結構シビアにチェックされるようなので、提出後いつもドキドキです。

 

そしてコンテストスタートです。

f:id:gogosatoshi55:20190219155207j:plain

なかなかのキンチョー感の中、皆さん頑張っておられました。

吉次さんは優勝を逃してしまいましたが、シンプルで心を感じる演奏でとても好感が持てました。僕はやっぱりそんな演奏が好きですね。ぜひ次回もトライして頂きたい!

 

それにしても、右手のピッキングの弱い(甘い)方が多くてびっくり。集合住宅や隣の近い一軒家で、満足いく音量で練習できていないのではないだろうか、と「日本の住宅事情と音楽業界の因果関係」を頭の中で展開してしまいました。(書籍化できそうなタイトル!岩波新書シリーズあたりで)

サワサワ弾いて弦しか鳴っていない、一見すると(一聴すると)小綺麗に弾けているみたいだけど、小声で話され続けているみたいだ。抑揚も付けられないし、何より胴までしっかり鳴らせた時の生楽器が持つ味わい深さをもっと知ると、きっと貴方は救われる...。

と、まぁ、こだわる部分は人それぞれで良いです。自分も初心に返って腕を磨き続けよう、と決意を新たにしたのでした。

 

コンテスト後はバタバタと吉次さんと山口でいつもお世話になっているお仲間の方々と食事会へ。音楽が繋げてくれたこのご縁に感謝しつつ、美味しい中華に舌鼓を打ちました。写真とか、そういう野暮なものはありません。ただ、心に深く、「この日」を刻みこんだのでした。(撮り忘れ)

 

とある2月の日のお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。  

 

とある週末は、第二の地元・生駒のゑびす祭へ。色んなところにちょろちょろ住みましたが、実家のある街以外で一番長く住んでいる街が生駒になりました。

そんなわけで地元に祀られている神様に媚び売っとこ!(?)ということで、よくお参りするようになり、今回初めてこのお祭りへ。えびすさんにご挨拶とお願い完了です。

f:id:gogosatoshi55:20190205205525j:plain

シャッターを切るタイミングって難しい...

とにかくこれで昨年より業績アップ間違いなし!節税について勉強したらさらに完璧!家内も安全!

 

別の日は野暮用で京都へ。

f:id:gogosatoshi55:20190205205736j:plain

なぜこんな角度から撮ったのかよくわかりませんが、鴨川は良いです。

 

某所の某氏と思いがけずアツい話(?)になり、なんだかやる気がむくむくと芽を出してきました。やる気がなかったわけではないですが、冬は塞ぎ込みがちになるので、エネルギーや(黒くない)野望を持った方とお話ししていると、次の動きを迷っているボルダリング中に、気づけなかった・意外に簡単で近くの次のホールドを見つけたような感覚になります。

(注:ワタクシはボルダリング未経験者です)

 

予期せぬプラスの心の動きを与えてもらったことに感謝しつつ、ちょっと京都の街をフラフラしつつ、この日の締めは映画です。今回観たのは、

 

f:id:gogosatoshi55:20190205211614j:plain

 

サスペリア。さっきの芽吹きを引きちぎるかのようなチョイスだ。

"Call me by your name(君の名前で僕を呼んで)"を観て一気にファンになってしまったLuca Guadagnino監督が手がけたリメイク版です。オリジナル版は観たことないです。

ホラーというか痛かった...。イターィ。外科医だったらどう治療するのか考えるのかなぁ、などとソラで考えつつ気づけばエンドロールです。(集中力散漫)

そんな中でも氏のセンスと技が光る美しいカットもたくさんあり。とはいえこれはやっぱり痛いなぁってことで±0ですね。気になる方は劇場でどうぞ。

 

春は近いです!

 

---

3月2日 大阪 neiro cafe *sold out

3月8日-16日 チャイナツアー

4月5日-7 ベトナムツアー

4月20日 兵庫 浜名外科医院

4月26日 山形 LIVE-ARB w/武田昌俊

4月27日 宮城 Cafe B.B. w/武田昌俊

4月28日 福島 VIT Dalarna w/武田昌俊

 

2019年がいよいよ始まったお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。  

 

ついにブログを再開しました(休止した覚えはありませんが!)。

前回のブログ更新が2018年6月26日、随分時間が経ってしまいました。

その後、アルバム"Remembering"を発売し、

 

("Remembering"についてはこちらをご覧ください)

gogosatoshi.hatenablog.com

 

約1ヶ月にもおよぶ中国ツアー(ほんまに長かった...)、国内もあちらこちらにお邪魔させて頂きたくさんの方とお会いすることができました。時差がすごいですが、御礼申し上げます。例年よりもご縁の尊さ・ありがたさが身に沁みる1年でした。

 

そして、2019年になりました。あけましておめでとうございます!

我が家のお正月恒例の超絶奮発すき焼きと凧上げも完了。

f:id:gogosatoshi55:20190201213632j:plain

 

もう2月ですね... 昨年12月の前半で一連の演奏活動を終え、未だなお「冬休み中」です。

2016年と2017年の2年間はなんだかバタバタだったので、一旦小休止。

かなりのんびりした生活をしています。新しい作品を作ったり、毎日キッカケになりそうなアイディアをそっと溜め込んだり、新しい練習方法を試してみて体の具合が悪くなったり、語学に励んで記憶力を取り戻そうとしたり、平日の昼間から近所を徘徊したり、活字の世界に飛び込んで溺れかけたり、映画で目を乾かしたり、息子と遊んだり。真冬はこれくらいで丁度良い。

そんな中でも、人生って色々あるなぁと思わざるを得ない出来事が色々起こり、知らず知らずに溜まっていってウミのような物を排出しつつ、少しずついろんなことが綺麗に整理されていっているかなと思います。真冬はこれくらいで丁度良いのです。

先週からは新しいプロジェクトに着手して、少しずつモードを切り替えていっています。(秋頃にはお知らせできると思います)

 

そんなわけで、今年も・今年はさらに、慎ましく日々の生活を楽しみつつ、自分の音楽を追求しつつ、演奏活動も続けて参りますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

---

3月2日 大阪 neiro cafe *sold out

3月8日-16日 チャイナツアー

4月5日-7 ベトナムツアー

4月20日 兵庫 浜名外科医院

4月26日 山形 LIVE-ARB w/武田昌俊

4月27日 宮城 Cafe B.B. w/武田昌俊

4月28日 福島 VIT Dalarna w/武田昌俊

 

「押し弾き」のお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。  

 

2年ぶりにMBSラジオ押尾コータローさんの番組、

押尾コータローの押しても弾いても」にお邪魔しました。

(去年はタイミングが合わず出演は叶わなかったのですが、伝説のホールソロリサイタル"Shipmates"のお知らせを押尾さんがしてくださりました。お心遣いが非常に感動的・映画化希望)

南さんともお久しぶりにお会いできて嬉しい・楽しいひと時でした!

押尾さん、南さん、スタッフの皆サマありがとうございました。

 

f:id:gogosatoshi55:20180625235206j:plain

押尾さんと1曲ご一緒させていただきつつ、

f:id:gogosatoshi55:20180626000334j:plain

キンチョースマイルで!Rasmussen guitarを持っていきましたが、ええ音で好評でした。そうでしょ〜!!

(南さんとの3ショットもとったのですがこの写真を、とご指示頂きましたので掲載いたします。他意はございません。)

 

ラジオでご紹介していただいたライブはこちら。

f:id:gogosatoshi55:20180625235426j:plain

小さめのお店・ご予約がすでに結構頂いておりますので、興味のある方はお早めにご予約をお願いします!

>>ご予約はこちらからどーぞ

 

ご紹介いただいたアルバム"Remembering"はもうすぐ受注開始します。

アルバムについてはこちらをご覧くださいませ。

 

gogosatoshi.hatenablog.com

 


またお邪魔できたら良いな〜!

"Remembering"のお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。 

 

7月1日に新しいアルバム"Remembering"を発売します。

今回のアルバムは、「台湾・中国・香港向けに、廃盤となった伍々慧の10代の頃の作品の再録盤を作りたい」というオファーからスタートし、最終的には、原曲の雰囲気を残しつつ今の感覚でアレンジした10代の頃の作品7曲と、新曲3曲を一つのアルバムにまとめました。

ギターで奏でるメロディたちと共に想い出巡りをしたり、もう戻れないあの日々を振り返るような、そんな作品に仕上がりました。奇しくも20代最後の作品となる今作を製作することで、向き合うことを避けていた10代の作品・日々と対峙し、夏から始まる30代の10年間を初心に返り歩んでいこう、と思えるキッカケになりました。

日本盤は伍々慧のレーベル Wonderful Days Music からリリースし、今回の販売は伍々慧のライブ会場・ウェブショップのみとなります(一部小売店を除く)。また生産枚数完全限定となります。

 

当初は廃盤となった10代の頃のミニアルバムの内容をそのまま弾き直す、というオファーだったのですが、あの頃考えていたことと今考えていること・構築したい世界観があまりに違い過ぎるため、さすがにそれは無理でした。

ワンダーボーイ(苦笑)扱いされてデビューしたので、子どもの内からたくさんのチャンスをいただきました。しかし、自分の実力が追いつかずそれらをモノにできずもがいたり(それは今だっていっぱいありますが)、今のように自分で自分の活動をコントロールできなかったのでやりたくもない事をしないといけない場面も多く、それに苦しんだり、内容が伴っていないことでどんどん人が離れていく寂しさを知ったり、とにかくもがいたり苦しんだりの日々で、次第にギターを弾く事も辛くなってきて、ブックオフ東野圭吾村上春樹の小説を買ってきて読んでは売っての日々が始まり...


なぜ図書館に行かなかったのでしょうか?

 

自分にとって10代後半から20代前半はそういった意味ではなかなか辛い時代でしたので、アルバムを聴き直しているとそんな日々がフラッシュバック(大げさ)してくるのです。もはやアルバムを聴くことさえ自分にとってはなかなか辛い作業で、何度もこのオファーを断ろうと考えました。

しかし、ここは漢・Satoshi Gogo、頑張りました。過去に足元をすくわれるのはもうこれっきりにして、これからのことをより輝くものにしようと心機一転したのです(非常に感動的・映画化希望)。

何よりも過去の作品を取り上げてくれようとしたお気持ちがありがたいですし、10代の頃から応援して下さっている方に「少し大人になりましたヨ(ショーンKの声で)」と感謝の気持ちを添えてお伝えしたくて、遂行しました。

もちろん、初めて聴いてくださる方には心地よい昼寝ミュージック(?)として楽しんで欲しいと思っています。

(昼寝してもらわなくてもいいですが、昼寝ミュージックに向いていることは検証済みです)

 

5月の「春の小さなサロンホールツアー」東京公演が終わり、すぐさま"Remembering"のレコーディングが始まりました。

f:id:gogosatoshi55:20180621161858j:plain

いつも通り、全て1テイクでOK、もはや1曲弾き終わる前に1曲録り終えていました。不思議です。

そういうことにしておきましょう。

今回は企画モノということもあり、これまでのレコーディングの様にめちゃくちゃナーバスになるということもなく(あえてそうならない様にしたつもり)、ライブ感重視で、揺れられるだけ揺れて、最終的な音の質感も限りなく生々しく残してもらいました。

自分としてはいつもと違う取り組み方だったので、やっぱり学ぶことも多く、これイイ!と手応えを感じたり、ちょっとtoo muchだったかな、とか、別のタイミングに聴き返してみるとこれはこれで良いな、などなど色々と感じる事も多々あり、ある意味正解がない世界なので、モノ作りの奥深さや楽しさを改めて垣間見ることができました。

今回学んだことを次へ活かす事が(今回のものが発売していないのに)早くも楽しみです。

 

そんなわけで完成。

f:id:gogosatoshi55:20180621163141j:plain

ジャケットはおなじみTracy。久しぶりのジャケットでの顔出しで照れくさいですがTracyのテイストでまとめてくれました。

 

試聴はこちら。


"Remembering" trailor - Satoshi Gogo

 

そして、納品。

f:id:gogosatoshi55:20180621163630j:plain

 

現物を見ると「終わった〜」感が出ますが、中国メーカーにこれの楽譜を納品するまで何も終わっていないことに気付かされます。ちなみにまだ1拍も書いてません。早く始めましょう。

 

10代の頃のミニアルバムを聴いて下さっていた方は曲がどう変わったのか、そんな感じで楽しんでもらえるかもしれません。

それを聴いたことない方は、10代の"青い"感じを感じる新曲たちと思って楽しんでもらえるかもしれません。(本当の新曲3曲は27歳~29歳の間に作ったものです)

6月末から gogosatoshi.com で受注開始いたしますので、よろしくお願いいたします。

ぜひ聴いてみてくださいね!

 

春の小さなサロンホールツアーのお礼。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。   

 

ご報告がすっかり遅くなりましたが、「春の小さなサロンホールツアー」(とっくの昔に)無事全公演完了しました!

 

f:id:gogosatoshi55:20180610203709j:plain

全公演ともにソールドアウト・盛況で終えることができ伍々慧およびスタッフ共々、とても感謝しております。

本当にありがとうございました!

(関西弁だと、「ほんまおおきにやで」。言ったことないですが。)

 

明確なコンセプトを持って企画したこのツアーでしたが(趣旨を理解して頂けていたら良いなと思います)、チャレンジングなことも多く、たくさん学ばさせて頂きました。

自分はなぜアコースティックギターで音楽をしているのか、どんなギターの音を聴いて欲しいのか、自分の音とは・表現とは何か、チキンライスに入っているグリンピースの意味とは・美味しさとは何か、などなど色んなものがよりクリアに見えてきて、また自分の財産が増えたような感覚です。

 

まずは大阪公演!

f:id:gogosatoshi55:20180610193119j:plain

f:id:gogosatoshi55:20180610193122j:plain

f:id:gogosatoshi55:20180610193125j:plain

会場の響きが、下見の段階での予想よりはるかに少なくなってしまってちょっと苦戦しました。内容は盛り沢山でお届けできました!(ちょっと弾きすぎました)

それから1ヶ月ツアーとしての公演は空いて、(ツアーの意味を考えるべき)
愛知公演!あいにくの土砂降りでしたがほぼ全員来てくださり感激でした。

今回の3公演では一番こじんまりとしたサロンでしたが、響きがなかなか良くてより繊細に弾けて、繊細に響いてくれました。

f:id:gogosatoshi55:20180610194514j:plain

 

波動スピーカーでの演奏の時は、8割〜9割コンデンサーマイクで集音しているのですが、手持ちのマイクの中からBlueのBaby Blueというマイクをチョイスしています。

Blueのマイクのファン(というかBottleというモデルのファン)で、このBaby Blueは中音域の質感と壊れてもショックで寝込む必要のない値段なので気に入っています。ラージダイアフラムなのでハウリングのことを考えると音量をそこまであげることができないので、その辺りのバランスがなんとも悩ましいのです。

f:id:gogosatoshi55:20180610195734j:plain

 

最後は東京公演!

会場のSonorium、前評判から期待大でしたが噂に違わず素晴らしいホールでした。

響きの良さはもちろん、サイズ感や雰囲気や佇まいも僕好み。こういったホールが日本各地にあればな、と思ったほどです。

(今年の七夕の願い事はこれにします。)

ホールの響き、スピーカーの響き、そして高い集中力を持って聴いてくださった皆様のおかげで、このツアーの集大成的演奏会となりました。

やっぱりどれも欠けたらいけないなと改めて思った次第です。現実的には難しいのですが...

ホール後方から・もしくは演者の位置からホール全体を撮った写真を撮れなかったのが残念でしたが、当日の様子はこんな感じでした!

f:id:gogosatoshi55:20180610201626j:plain

 

トークまで良い響きでショーンK気分!

f:id:gogosatoshi55:20180610201720j:plain

 

f:id:gogosatoshi55:20180610201802j:plain

 

改めて、ご来場いただいた皆様・ご協力いただいた皆様ありがとうございました!

(関西弁だと、「ほんまおおきにやで」。言ったことないですが。)

 

また企画します!

(画像がモノクロなことへのツッコミはご遠慮ください) 

 

4月8日大阪公演・公式ガイド

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。  

 

1週間後となりました、「春の小さなサロンホールツアー」大阪公演!

たくさんのお申し込み、本当にありがとうございました!!

 

会場までの道のりは全然難しくないのですが、会場はビルの中ですので通り過ぎてしまうかも?!

と、何となく心配になりましたので、このブログで堀江アルテまでの道順を徹底解説したいと思います!

来られる予定で方向音痴のアナタ、もう不安に震える必要はありません。今日はゆっくり寝てください。

 

こちらの都合上、スタートは地下鉄四つ橋線四ツ橋駅」からとさせて頂きます。

f:id:gogosatoshi55:20180331003529j:plain

難波から一駅、梅田周辺からも15分くらいあれば到着できます。

 

4号出口側の改札を出て、4号出口へと進みます。

f:id:gogosatoshi55:20180331003822j:plain

床のタイルが←←← と言ってきますが、強い意志を持って地上へ上がります。

 

f:id:gogosatoshi55:20180331004015j:plain

地上へ出ますと、ニューバランスをお店がありますので、一旦お店へ入って頂き、

良さげなシューズを店員さんと一緒に、僕のために選びます。サイズは28.5であればだいたいは大丈夫です!ギフトラッピングは不要です。Save the earth.

済みましたら、上の写真でいう右方向へ進みます。つまり、4号出口を出て右です。

ニューバランスの壁に左斜め上に飛べ、というマークがありますが、強い意志を持って右、です。

 

f:id:gogosatoshi55:20180331004516j:plain

こんな感じの雑多な雰囲気の通りをひたすら直進します。「ひたすら」と言っても3分くらいです。

 

f:id:gogosatoshi55:20180331004624j:plain

すると、左手にこのようなビルが現れます。これが目的地の「モトバヤシビル」です。

 

f:id:gogosatoshi55:20180331004743j:plain

このビルに吸い込まれるように入って頂き、エレベーターがありますので、それで7階まで上がってください。

エレベーターは一基しかありませんので、ご協力をお願いいたします!

 

この取材(?)当日、会場は他の方が使用されていましたので7階まで上がりませんでしたが、

エレベーターを降りていただくと、スリッパが用意されていますので、ご面倒をおかけしますが履き替えて頂いてから、会場へ進んで下さい。もちろん、潔癖症の方はルームシューズをご持参頂いても結構です。

ホール内は土足禁止です!ご協力をお願いいたします!🙇‍♂️

 

f:id:gogosatoshi55:20180331010031j:plain

会場内はこんな感じです。(会場HPより拝借)

今回はピアノは弾きませんのでご安心ください。また、先ほど購入されたニューバランスはスタッフへお渡しください。

 

少人数のスタッフですが、ゆっくり楽しんで頂けるよう努めていきますので、ぜひたっぷり伍々慧のギターの音世界に浸ってくださいね。

 

ちなみに、四つ橋線四ツ橋駅からではない場合は、

地下鉄長堀鶴見緑地線『西大橋駅』4号出口より30秒 ​ ​

地下鉄御堂筋線『心斎橋駅』3号、8号出口より7分

となっているようです。30秒って。

これらの駅からお越しになられる方は、Google mapか何かをお使いください(急にほったらかす)。

 

✳︎✳︎✳︎

 

さて、会場周辺のお店のご紹介もしておきましょう。

まずお茶したい方のために...

 

モンディアルカフェ328

f:id:gogosatoshi55:20180331010534j:plain

会場のビルの一筋南へ、そして四つ橋筋の方向へ進んでいただくと見つけることができます。

 

f:id:gogosatoshi55:20180331011203j:plain

ここではいつもラテしか頼まないのですが、サードウェーブ的浅煎りで、全体的に結構ミルキーです。スイーツと合わせるとほっこりします!

茶をしばいてから(この表現イマドキします??)伍々慧コンサートも良いかもしれませんね。

 

そして、会場のビルのすぐ裏(一筋南の通り)にあります

チェディルアン 北堀江本店

f:id:gogosatoshi55:20180331012727j:plain

タイ料理です。大阪にいくつかブランチがありますがこちらが本店のようです。

CHEDI LUANG は何を注文しても美味しい、困ったレストランなんですよ...大好きなレストランの一つです。

 

f:id:gogosatoshi55:20180331013116j:plain

 

f:id:gogosatoshi55:20180331013147j:plain

この取材(?)当日は、午前中にしていましたので、ランチタイムにお邪魔しました。ランチタイムはビュッフェ形式で楽しめます。

盛り付けセンスの無さを全世界に発信してしまってちょっと恥ずかしいですが、ランチでも何食べても美味しいです!コスパサイコー!!

タイ料理やアジアン料理がお好きな方、コンサート後にこちらで晩御飯というのも良いですね。コップンカー

 

そんなわけで、他にも良さそうなお店がたくさんありますしもしお時間があれば、コンサート前後も会場周辺で楽しんでみてください!

 

それではご来場をお待ちしております🙇‍♂️