SATOSHI GOGO WEBLOG

アコースティックギタリスト Satoshi Gogoのブログ

チャイナツアー2019 part1のご報告。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。

 

3月8日から16日までチャイナツアーで、中国の7つの街にお邪魔しました。

今回からエージェントが変わったのでどんな感じになるのか、出発する前からソワソワしてしまいましたが、新しいスタッフとプロモーターにお世話になり、滞りなく全ての公演を完了できました。CDもこれまでで一番たくさん手にとって頂けました。

ご来場頂いた皆様とスタッフの皆様にお礼申し上げます!

秋にまたチャイナツアーが予定されています。ここから少しずつ、ギターファン以外にもプロモーションをし、規模を大きくしていくプランだそうです。そんなわけで、これは腹を括り直さないとなァと感じています。少しは中国語も覚えないと....

シェ...謝謝。呼んでもらえているうちが花...頑張りましょう。

 

それにしても、昨年よりもその前よりも、認知してもらえている曲が多くなってきたと感じられたのが嬉しかったです。曲を弾きだすと拍手と歓声を頂ける曲が増えました。思えば初めてのチャイナツアーの時は相当大変でした。会場いっぱいのアウェイ感、5元ほどで撒かれたチケットを手に飲みにきた人達の喋り声の中での演奏、毎日カルチャーショックを受け続けて...

やり続ける事で拓ける道もあるのだと実感しています。これは今後の自分の人生の糧になるかもしれません。ちょっと大げさかな?

f:id:gogosatoshi55:20190325214444j:plain

 

ツアー中のブログを楽しく綴れたらと思っていたのですが、全然そんな余裕がありませんでした...

2017年のツアーの様子はこちら

 

gogosatoshi.hatenablog.com

 

2018年のツアーのブログは書かず仕舞いでしたね。ほぼ1ヶ月滞在していて、なかなかハードでした。

 

さて、今回は天津飯で有名だけど現地にはそんな料理はない、でおなじみの天津からスタートです。大連という街で乗り継いで、天津空港へ。自分の体と自分の荷物が別々のターミナルに到着するというイリュージョンを披露され、迎えのスタッフも来ていなくて早速テンパりました...(ワタシの髪の毛は天パではありません)。

空港職員に機内でアナウンスあったでしょ、と言われたけれど、少なくとも、絶対に英語もしくは日本語ではアナウンス無かったよ?

f:id:gogosatoshi55:20190325214444j:plain

 

もう一方のターミナルへ荷物を迎えに行くと、セキュリティのスタッフがなんと迎えのスタッフの友達で、僕の顔を見るなり荷物を届けてくれました。空港の人、あんまり英語通じなかったし助かりました。無事スタッフと合流してホテルへ。

疲れちゃったので晩御飯はルームサービスを。

f:id:gogosatoshi55:20190325211258j:plain

天津といえばコレ、天津パン。

 

...。

もう書きたい事は書いたので、ここから駆け足でツアーレポート!

 

天津は写真がありませんが、初日は無事終了!

 

次の街は北京。

f:id:gogosatoshi55:20190325211647j:plain

めっちゃ盛り上がりました!

 

次の日は5時起きで出発して、武漢へ。

f:id:gogosatoshi55:20190325211741j:plain

 

静かにじっくり聴いてくださって途中不安になりましたが(?)、CDもたくさん手にとってくださって楽しんでいただけました!

f:id:gogosatoshi55:20190325211838j:plain

 

ホテルの部屋案内のトリッキーさに困惑しつつ、

f:id:gogosatoshi55:20190325211956j:plain

 

合肥も盛り上がりました!

f:id:gogosatoshi55:20190325212153j:plain



そして南京!

f:id:gogosatoshi55:20190325212232j:plain

騒がしかったなぁ。笑

 

久しぶりの上海!中国一の都会ですね。中国の中では一番好きな街かもしれません。コスモポリタンだし、好きなレストランがいくつかあるし、歩道に原チャリ走ってるし、刺激的。

f:id:gogosatoshi55:20190325212336j:plain

 

ゆっくり好きなレストランへ行く時間もなかったので、お気に入りのバーガーレストラン、Beef&Libertyのバーガーをデリバリーしてもらいました!美味しかった〜

f:id:gogosatoshi55:20190325212628j:plain

 

本番中の音創りに苦戦してしまいましたが、温かいオーディエンスに感激。

f:id:gogosatoshi55:20190325212830j:plain

 

そして今回最後の街は、杭州。初めて訪れました。いくつかの取材もこなしつつ、ラストコンサート。写真をいくつか頂いたのでここぞとばかりに掲載しておきましょう。

f:id:gogosatoshi55:20190325213121j:plain

f:id:gogosatoshi55:20190325213129j:plain

f:id:gogosatoshi55:20190325213137j:plain

f:id:gogosatoshi55:20190325213146j:plain

f:id:gogosatoshi55:20190325213153j:plain

f:id:gogosatoshi55:20190325213159j:plain

 

秋のツアーは新しい曲も演奏できたらいいな〜 また腕を磨いておきましょう。

ありがとうございました!

 

次はベトナムツアーです。初めてのソロツアー。どれだけお客さんが来てくれるのかソワソワしますが、「やろう!」とセッティングしていただいたのでまた新たに開拓していく心意気で頑張りましょう。コンサートもだけど、ご飯楽しみすぎるわ〜(ベトナム料理好き)。

 

---

4月5日-7 ベトナムツアー

4月20日 兵庫 浜名外科医院

4月26日 山形 LIVE-ARB w/武田昌俊

4月27日 宮城 Cafe B.B. w/武田昌俊

4月28日 福島 VIT Dalarna w/武田昌俊

大阪でのソロライブのお礼など。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。  

 

先日(2日)はスギ花粉が降りしきる中、定例となりました大阪豊中・neiro cafeでソロライブを開催しました。お越し下さった皆様、ありがとうございました。

こじんまりと、のんびりと演奏させてもらいました。ここならでは雰囲気ですね。

 

始まる前にオムライスをご馳走になりました。

f:id:gogosatoshi55:20190305172615j:plain

 

(オムライスへ)奉納演奏も済ませて...

Dedicate "Evergreen" original song to a omelette and rice. Before my small gig 🎤

 

オチまでが長いことを反省。そして、開演・終了!久しぶりのライブを楽しみました。2019年も演奏活動頑張ります。

 

そして、とある日はスギ花粉が降りしきる中、写真撮影を敢行。

初めてお願いしたデザイナー氏とカメラマン氏の的確なディレクションと共に、和やかに完了しました。美しいカットがたくさん、近々皆様にもご覧いただけることでしょう。

 

f:id:gogosatoshi55:20190305173421j:plain

スタジオ寒かった〜 笑

 

言うてる間にチャイナツアー!気合い入れてこ〜

 

---

3月8日-16日 チャイナツアー

4月5日-7 ベトナムツアー

4月20日 兵庫 浜名外科医院

4月26日 山形 LIVE-ARB w/武田昌俊

4月27日 宮城 Cafe B.B. w/武田昌俊

4月28日 福島 VIT Dalarna w/武田昌俊

 

モーリス・フィンガーピッキングデイ2019関西予選のお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。   

 

先日は、モーリス・フィンガーピッキングデイ2019関西予選(という指で弾くスタイルのギターのコンテスト)にお邪魔しました。いつも山口県でのライブでお世話になっている、スイングバイの吉次さんが出場されるということで、これは応援しに行かねば!ということで、審査員でも出場者でもなく、応援に駆けつけました。

僕自身、このコンテストの2004年度の大会で予選・本戦共に優勝して演奏活動を始めたので、間違いなくこのコンテストは自分の人生における一つの大きな「キッカケ」です。これは観戦中、当時のことを思い出しちゃうなぁと思っていたら、当時のことよりも同コンテストの10周年記念として、歴代のチャンピオン達が同コンテストのゲストライブに出演する、という企画に僕は一切声がかからなかったことを思い出しました。悲しい...

 

それはそうと、この日はコンテストに行く前に、新しいアー写(宣材写真)の撮影がありました!

バチっと1分ほどで完了!

 

f:id:gogosatoshi55:20190219151456j:plain

 

...。

悪用されたら嫌なので(何に?)目線を隠しておきましたけど。

アー写じゃなくてビザ用の証明写真撮影でした。まゆと耳を出さないといけないのが恥ずかしい。結構シビアにチェックされるようなので、提出後いつもドキドキです。

 

そしてコンテストスタートです。

f:id:gogosatoshi55:20190219155207j:plain

なかなかのキンチョー感の中、皆さん頑張っておられました。

吉次さんは優勝を逃してしまいましたが、シンプルで心を感じる演奏でとても好感が持てました。僕はやっぱりそんな演奏が好きですね。ぜひ次回もトライして頂きたい!

 

それにしても、右手のピッキングの弱い(甘い)方が多くてびっくり。集合住宅や隣の近い一軒家で、満足いく音量で練習できていないのではないだろうか、と「日本の住宅事情と音楽業界の因果関係」を頭の中で展開してしまいました。(書籍化できそうなタイトル!岩波新書シリーズあたりで)

サワサワ弾いて弦しか鳴っていない、一見すると(一聴すると)小綺麗に弾けているみたいだけど、小声で話され続けているみたいだ。抑揚も付けられないし、何より胴までしっかり鳴らせた時の生楽器が持つ味わい深さをもっと知ると、きっと貴方は救われる...。

と、まぁ、こだわる部分は人それぞれで良いです。自分も初心に返って腕を磨き続けよう、と決意を新たにしたのでした。

 

コンテスト後はバタバタと吉次さんと山口でいつもお世話になっているお仲間の方々と食事会へ。音楽が繋げてくれたこのご縁に感謝しつつ、美味しい中華に舌鼓を打ちました。写真とか、そういう野暮なものはありません。ただ、心に深く、「この日」を刻みこんだのでした。(撮り忘れ)

 

とある2月の日のお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。  

 

とある週末は、第二の地元・生駒のゑびす祭へ。色んなところにちょろちょろ住みましたが、実家のある街以外で一番長く住んでいる街が生駒になりました。

そんなわけで地元に祀られている神様に媚び売っとこ!(?)ということで、よくお参りするようになり、今回初めてこのお祭りへ。えびすさんにご挨拶とお願い完了です。

f:id:gogosatoshi55:20190205205525j:plain

シャッターを切るタイミングって難しい...

とにかくこれで昨年より業績アップ間違いなし!節税について勉強したらさらに完璧!家内も安全!

 

別の日は野暮用で京都へ。

f:id:gogosatoshi55:20190205205736j:plain

なぜこんな角度から撮ったのかよくわかりませんが、鴨川は良いです。

 

某所の某氏と思いがけずアツい話(?)になり、なんだかやる気がむくむくと芽を出してきました。やる気がなかったわけではないですが、冬は塞ぎ込みがちになるので、エネルギーや(黒くない)野望を持った方とお話ししていると、次の動きを迷っているボルダリング中に、気づけなかった・意外に簡単で近くの次のホールドを見つけたような感覚になります。

(注:ワタクシはボルダリング未経験者です)

 

予期せぬプラスの心の動きを与えてもらったことに感謝しつつ、ちょっと京都の街をフラフラしつつ、この日の締めは映画です。今回観たのは、

 

f:id:gogosatoshi55:20190205211614j:plain

 

サスペリア。さっきの芽吹きを引きちぎるかのようなチョイスだ。

"Call me by your name(君の名前で僕を呼んで)"を観て一気にファンになってしまったLuca Guadagnino監督が手がけたリメイク版です。オリジナル版は観たことないです。

ホラーというか痛かった...。イターィ。外科医だったらどう治療するのか考えるのかなぁ、などとソラで考えつつ気づけばエンドロールです。(集中力散漫)

そんな中でも氏のセンスと技が光る美しいカットもたくさんあり。とはいえこれはやっぱり痛いなぁってことで±0ですね。気になる方は劇場でどうぞ。

 

春は近いです!

 

---

3月2日 大阪 neiro cafe *sold out

3月8日-16日 チャイナツアー

4月5日-7 ベトナムツアー

4月20日 兵庫 浜名外科医院

4月26日 山形 LIVE-ARB w/武田昌俊

4月27日 宮城 Cafe B.B. w/武田昌俊

4月28日 福島 VIT Dalarna w/武田昌俊

 

2019年がいよいよ始まったお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。  

 

ついにブログを再開しました(休止した覚えはありませんが!)。

前回のブログ更新が2018年6月26日、随分時間が経ってしまいました。

その後、アルバム"Remembering"を発売し、

 

("Remembering"についてはこちらをご覧ください)

gogosatoshi.hatenablog.com

 

約1ヶ月にもおよぶ中国ツアー(ほんまに長かった...)、国内もあちらこちらにお邪魔させて頂きたくさんの方とお会いすることができました。時差がすごいですが、御礼申し上げます。例年よりもご縁の尊さ・ありがたさが身に沁みる1年でした。

 

そして、2019年になりました。あけましておめでとうございます!

我が家のお正月恒例の超絶奮発すき焼きと凧上げも完了。

f:id:gogosatoshi55:20190201213632j:plain

 

もう2月ですね... 昨年12月の前半で一連の演奏活動を終え、未だなお「冬休み中」です。

2016年と2017年の2年間はなんだかバタバタだったので、一旦小休止。

かなりのんびりした生活をしています。新しい作品を作ったり、毎日キッカケになりそうなアイディアをそっと溜め込んだり、新しい練習方法を試してみて体の具合が悪くなったり、語学に励んで記憶力を取り戻そうとしたり、平日の昼間から近所を徘徊したり、活字の世界に飛び込んで溺れかけたり、映画で目を乾かしたり、息子と遊んだり。真冬はこれくらいで丁度良い。

そんな中でも、人生って色々あるなぁと思わざるを得ない出来事が色々起こり、知らず知らずに溜まっていってウミのような物を排出しつつ、少しずついろんなことが綺麗に整理されていっているかなと思います。真冬はこれくらいで丁度良いのです。

先週からは新しいプロジェクトに着手して、少しずつモードを切り替えていっています。(秋頃にはお知らせできると思います)

 

そんなわけで、今年も・今年はさらに、慎ましく日々の生活を楽しみつつ、自分の音楽を追求しつつ、演奏活動も続けて参りますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

---

3月2日 大阪 neiro cafe *sold out

3月8日-16日 チャイナツアー

4月5日-7 ベトナムツアー

4月20日 兵庫 浜名外科医院

4月26日 山形 LIVE-ARB w/武田昌俊

4月27日 宮城 Cafe B.B. w/武田昌俊

4月28日 福島 VIT Dalarna w/武田昌俊

 

「押し弾き」のお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。  

 

2年ぶりにMBSラジオ押尾コータローさんの番組、

押尾コータローの押しても弾いても」にお邪魔しました。

(去年はタイミングが合わず出演は叶わなかったのですが、伝説のホールソロリサイタル"Shipmates"のお知らせを押尾さんがしてくださりました。お心遣いが非常に感動的・映画化希望)

南さんともお久しぶりにお会いできて嬉しい・楽しいひと時でした!

押尾さん、南さん、スタッフの皆サマありがとうございました。

 

f:id:gogosatoshi55:20180625235206j:plain

押尾さんと1曲ご一緒させていただきつつ、

f:id:gogosatoshi55:20180626000334j:plain

キンチョースマイルで!Rasmussen guitarを持っていきましたが、ええ音で好評でした。そうでしょ〜!!

(南さんとの3ショットもとったのですがこの写真を、とご指示頂きましたので掲載いたします。他意はございません。)

 

ラジオでご紹介していただいたライブはこちら。

f:id:gogosatoshi55:20180625235426j:plain

小さめのお店・ご予約がすでに結構頂いておりますので、興味のある方はお早めにご予約をお願いします!

>>ご予約はこちらからどーぞ

 

ご紹介いただいたアルバム"Remembering"はもうすぐ受注開始します。

アルバムについてはこちらをご覧くださいませ。

 

gogosatoshi.hatenablog.com

 


またお邪魔できたら良いな〜!

"Remembering"のお話。

こんにちは、フィンガースタイル・アコースティックギタリストの Satoshi Gogo (伍々慧) です。 

 

7月1日に新しいアルバム"Remembering"を発売します。

今回のアルバムは、「台湾・中国・香港向けに、廃盤となった伍々慧の10代の頃の作品の再録盤を作りたい」というオファーからスタートし、最終的には、原曲の雰囲気を残しつつ今の感覚でアレンジした10代の頃の作品7曲と、新曲3曲を一つのアルバムにまとめました。

ギターで奏でるメロディたちと共に想い出巡りをしたり、もう戻れないあの日々を振り返るような、そんな作品に仕上がりました。奇しくも20代最後の作品となる今作を製作することで、向き合うことを避けていた10代の作品・日々と対峙し、夏から始まる30代の10年間を初心に返り歩んでいこう、と思えるキッカケになりました。

日本盤は伍々慧のレーベル Wonderful Days Music からリリースし、今回の販売は伍々慧のライブ会場・ウェブショップのみとなります(一部小売店を除く)。また生産枚数完全限定となります。

 

当初は廃盤となった10代の頃のミニアルバムの内容をそのまま弾き直す、というオファーだったのですが、あの頃考えていたことと今考えていること・構築したい世界観があまりに違い過ぎるため、さすがにそれは無理でした。

ワンダーボーイ(苦笑)扱いされてデビューしたので、子どもの内からたくさんのチャンスをいただきました。しかし、自分の実力が追いつかずそれらをモノにできずもがいたり(それは今だっていっぱいありますが)、今のように自分で自分の活動をコントロールできなかったのでやりたくもない事をしないといけない場面も多く、それに苦しんだり、内容が伴っていないことでどんどん人が離れていく寂しさを知ったり、とにかくもがいたり苦しんだりの日々で、次第にギターを弾く事も辛くなってきて、ブックオフ東野圭吾村上春樹の小説を買ってきて読んでは売っての日々が始まり...


なぜ図書館に行かなかったのでしょうか?

 

自分にとって10代後半から20代前半はそういった意味ではなかなか辛い時代でしたので、アルバムを聴き直しているとそんな日々がフラッシュバック(大げさ)してくるのです。もはやアルバムを聴くことさえ自分にとってはなかなか辛い作業で、何度もこのオファーを断ろうと考えました。

しかし、ここは漢・Satoshi Gogo、頑張りました。過去に足元をすくわれるのはもうこれっきりにして、これからのことをより輝くものにしようと心機一転したのです(非常に感動的・映画化希望)。

何よりも過去の作品を取り上げてくれようとしたお気持ちがありがたいですし、10代の頃から応援して下さっている方に「少し大人になりましたヨ(ショーンKの声で)」と感謝の気持ちを添えてお伝えしたくて、遂行しました。

もちろん、初めて聴いてくださる方には心地よい昼寝ミュージック(?)として楽しんで欲しいと思っています。

(昼寝してもらわなくてもいいですが、昼寝ミュージックに向いていることは検証済みです)

 

5月の「春の小さなサロンホールツアー」東京公演が終わり、すぐさま"Remembering"のレコーディングが始まりました。

f:id:gogosatoshi55:20180621161858j:plain

いつも通り、全て1テイクでOK、もはや1曲弾き終わる前に1曲録り終えていました。不思議です。

そういうことにしておきましょう。

今回は企画モノということもあり、これまでのレコーディングの様にめちゃくちゃナーバスになるということもなく(あえてそうならない様にしたつもり)、ライブ感重視で、揺れられるだけ揺れて、最終的な音の質感も限りなく生々しく残してもらいました。

自分としてはいつもと違う取り組み方だったので、やっぱり学ぶことも多く、これイイ!と手応えを感じたり、ちょっとtoo muchだったかな、とか、別のタイミングに聴き返してみるとこれはこれで良いな、などなど色々と感じる事も多々あり、ある意味正解がない世界なので、モノ作りの奥深さや楽しさを改めて垣間見ることができました。

今回学んだことを次へ活かす事が(今回のものが発売していないのに)早くも楽しみです。

 

そんなわけで完成。

f:id:gogosatoshi55:20180621163141j:plain

ジャケットはおなじみTracy。久しぶりのジャケットでの顔出しで照れくさいですがTracyのテイストでまとめてくれました。

 

試聴はこちら。


"Remembering" trailor - Satoshi Gogo

 

そして、納品。

f:id:gogosatoshi55:20180621163630j:plain

 

現物を見ると「終わった〜」感が出ますが、中国メーカーにこれの楽譜を納品するまで何も終わっていないことに気付かされます。ちなみにまだ1拍も書いてません。早く始めましょう。

 

10代の頃のミニアルバムを聴いて下さっていた方は曲がどう変わったのか、そんな感じで楽しんでもらえるかもしれません。

それを聴いたことない方は、10代の"青い"感じを感じる新曲たちと思って楽しんでもらえるかもしれません。(本当の新曲3曲は27歳~29歳の間に作ったものです)

6月末から gogosatoshi.com で受注開始いたしますので、よろしくお願いいたします。

ぜひ聴いてみてくださいね!